リップル

Ripple(リップル)社とNEM(ネム)財団をはじめとした大手ブロックチェーン企業が、大陸をまたぐ仮想通貨・ブロックチェーンビジネスの拡大のため、「Blockchain for Europe(欧州ブロックチェーン協会)」と呼ばれる新たな協会を設立した。

協会のメンバーにはリップル、ネム、EMURGO/CARDANO、Fetch.AIという4つの組織がおり、欧州の規制がブロックチェーン技術の発展を促進し、欧州がブロックチェーン技術の世界的なリーダーになっていくというビジョンを共有している。 同協会は、欧州の土壌では業界初の統一的な試みであると主張した。また、この取り組みは主に技術的な理解の促進および、ブロックチェーンと分散型元帳技術の"真の性質と可能性"の追求を目的としていると強調した。リップルの規制当局責任者であるDan Morgan氏は以下のように述べた。

「リップルが“欧州ブロックチェーン協会”の創立メンバーであることを喜ばしく思っています。ヨーロッパの政策立案者にとって、今こそデジタル資産とブロックチェーン技術の両方のメリットを捉えるために規制枠組みを策定する適切な時期だと言って良いでしょう。」 また、NEM財団の共同設立者であるKristof Van de Reck氏も、協会設立について以下のように語った。

「開放的かつ分散化された技術の応用には、とくに公平な情報が欠けています。特定の組織やステークホルダーの予定に合わせ、調整されていない識見を提供することを目指しています。欧州連合(EU)の規制当局は、業界の成長を可能にする法的枠組みを構築する最善の方法について、ブロックチェーン企業と協議する際に、消費者の利益を考慮したいと考えております。“真の性質と潜在的可能性”がある限り、消費者を傷つけるような問題はなくなりません。この技術はまだ初期段階にあるのです。」

同協会は今後、政策立案者や関連企業との協力に期待感を抱くと共に、ヨーロッパのブロックチェーン技術を積極的に促進していく方針だ。




こういう協会作るってことはなんかいいことありそう!