今回は仮想通貨ASKの紹介です!!

久々の更新になってしまいましたが行ってみましょう。


【ASK Estateについて】
ASK Estateとは、不動産業界の標準化のためのブロックチェーンプロジェクトです。
仮想通貨ASKトークンを発行しておりIMO取引所によるプレセール開催も決まっています。

ASK Estateは、世界有数のマルチリスティングシステム(MLS)をグローバルな不動産データの下で統合し、企業間および国境を子終えたオープンなコミュニケーションを実現する取り組みです。

■ASK Estateのデジタルコントラクト
デジタルコントラクトとは、デジタルの契約書です。
一般的に不動産取引のデジタル契約書は、PDFが採用されていましたが、ASK Estateはブロックチェーンスマートコントラクトを用いて、今までのPDFではなくASKデジタルコントラクト(DC)を新たに開発。
このDCは機械が読み取ってデータを処理することができるという大きな特徴があります。


■ASK Estateのプラットフォームレイヤー
ASKプラットフォームは、5つのレイヤーで構成されています。
  • ASKサービスレイヤー
  • ASKデジタル契約レイヤー
  • ASKネットワークレイヤー
  • ASKデジタルコントラクト規格&ASKコイン
  • ブロックチェーンレイヤー

●ASKサービスレイヤー
物件一覧、物件検索、買い手と売り手間のコミュニケーション、交渉、物件検査、土地所有権と鍵の引渡しなど、トランザクションの実用的な要素を統合。

●ASKデジタル契約レイヤー
人間が読み取り可能なコンポーネント(構成要素)として機能させることにより、機械でも読み取り可能なASK DC標準を補完。

●ASKネットワークレイヤー
バックエンドの ASKシステム(データベースなど) と、フロントエンドの ASKシステム(Webサービスなど) を接続し、エコシステムの参加者すべてを繋ぐ架け橋となっています。

●ASKデジタルコントラクト規格&ASKコイン
ブロックチェーンに繋がる二重レイヤーで、DCの電子規格化と独自トークンについて対応。

●ブロックチェーンレイヤー
トランザクション、トランザクションのステータス、所有権の決定的かつ不可逆的な記録をレコードし、取引におけるデータ保存などにおいて機能。


ロードマップ
roadmap-ask



【ASKトークンについて】
■トークン情報
トークンシンボル:ASK
総発行枚数:5,000,000,000
契約アドレス:0x72A300cde0585FD363FC6DcbFB25950D7dfE5a8C
■トークン配分
トークンセール:7.0%
エコシステム&報酬:30.0%
蓄え:35.0%
チーム&アドバイザー:8.0%
開発:20.0%
■購入方法
ASK Estateは2020年6月上旬にIMOを行うことを決めています。
※IMOとは、IMO Exchangeが発祥のブロックチェーンプロジェクトの資金調達方法です。

このIMOでは、IMOウォレットを利用し、ASKトークンのプレセールを行います。その後、IMO取引所にASKが上場されるという流れです。


【管理人の気になったこと】
ASK Estateはツイッターやテレグラムなどコミュニティをたくさん持ってますので、気になる方はチェックしてください。仮想通貨新規はわりと落ち着いてきているイメージですが、今後の発展に期待してます。


【公式情報】
■IMO取引所詳細ページ
https://www.imoex.top/ja_JP/noticeInfo/8650

■日本語テレグラム
https://t.me/Askestate_official

■日本語Twitter
https://twitter.com/AskestateJapan

■IMO Wallet download
http://invite.imoex.top/#/?c=AD8B1F50