ダウンロード (3)

認可取引所であり、日本ブロックチェーン協会の代表理事をも務める加納氏が代表をやっている「bitFlyer」は今月23日に発生したサーバーが不安定であることでアクセスがしにくくなっている問題が尾を引いている。

bitFlyerは公式発表で対策完了をアナウンスするも、すぐに同様の現象が起き再度メンテナンスをするという流れが続いている。

現在もユーザーからは「全く注文が通らない」と不満の声が上がっている。

同社代表の加納氏はコインチェック問題ではセキュリティに関して日本ブロックチェーン協会の公式文章で強い遺憾の意を示していたが、サーバーの不安定さにより自社の対策に疑問を持たれている。協会の代表理事としても、仮想通貨ユーザーが安心して取引できる環境を整える責務を果たしていってほしい。


取引所も大変だなw